Evernote(エバーノート)はデジタル脳を作る。情報を記憶する必要はない。記録していこう。

ミスターポッケ
どうもミスターポッケです。

1年前の今日の日、何をしていたか私は記憶していません。

人は大事な記憶と、そうでない記憶を分けて残しておく力よりも、繰り返し覚えたことに関して、記憶が定着していきます。

学生時代の勉強であれば、それも必要なことかもしれません。

大人になった今、繰り返し覚えるのは時に難しいです。

そんな時にオススメなのが、今回紹介する「Evernote(エバーノート」。

どうやって使うのか、今回は会話形式で進めていきます。

お相手はパンダプリンさんです。

それではいってみましょう。


  • とある日のこと

パンダプリン
今日も外は晴れていて気持ちいいな。今日は何をしようかな。何もすることないや。あ!そうだ、日頃悩んでることをポッケさんに聞いてみよう。
ミスターポッケ
はい。こんにちは。ポッケです。パンダプリンさん今日はどうしたの?
パンダプリン
あのね。ポッケさんは一年前の今って記憶してる?
ミスターポッケ
もちろん記憶してないよ。
パンダプリン
そうだよね。でもすごく気になる時があるんだよね。あと、メモを書いたりして、紙を無くして何を書いたか忘れちゃったり…。
ミスターポッケ
あるあるだね。メモをしてその後、違うことをしてたら、どこに書いたメモを入れたか忘れて、小一時間探し回ったことがあるよ。
パンダプリン
だよね!本当に不便だよー。一年前の今日は普段日記に書いていればいいけど、なかなか続かないんだよね。なんか良い方法あるかな?
ミスターポッケ
そうだね。パンダプリンさんはスマホをもってる?
パンダプリン
スマホ持ってるよ!最近買い換えたんだー。それが何か関係するのかな?
ミスターポッケ
うん。スマホを使って記憶を探すことをやめて、情報を記録していこうよ。
パンダプリン
ちょっと何言ってるかわからない…。
ミスターポッケ
そうだよね。いきなりでごめんね。簡単に言えば、スマホを使って、今日の一日や日頃メモしたいことなどをアプリを使って記録しておこうってことだね。
パンダプリン
なるほど。少しわかった気がする。情報を記録していけばいいのね。スマホに保存しておけるってことだよね?
ミスターポッケ
そうそう。スマホにずっと保存しておけるんだよ。
パンダプリン
わーすごい。そのアプリなんていうの?
ミスターポッケ
「Evernote(エバーノート)」ってアプリだよ。パンダプリンさんもアプリをインストールして使ってみよう。
パンダプリン
わかった!ありがとうポッケさん。じゃあインストールしたから、使い方の説明よろしくねっ。
ミスターポッケ
はい。それじゃあ、使い方を説明するね。

  • Evernoteの使い方

1.まずはメモを書き留める。

 

題名に「明日やるべきこと」、「オススメの家電ベスト3」などを任意に入力する。

 

そして、下のテキストの入力画面に入力して、左上の✓(チェック欄)を押せば保存完了です。

 

また保存するノートを「最初のノートブック」から「メモ」や「必読」、「ブログ記事」など自分が見返す時にわかりやすいようにしておくとベストですね。

 

その際に「00メモ」「05必読」「10ブログ記事」などのように頭に数字を入れておくと上から順に一覧として出てきます。

 

5個ずつ空けているのは、あとで追加できるようにするためなので、お好みで活用してくださいね。

 

2.日々の日記もEvernote(エバーノート)に書く。

 

日々の日記もエバーノートで書いてみましょう。

 

2017/07/27のように題名を入れて、その横にその日に思いついた題名を入れると良いと思います。

 

例:「2017/07/27 朝、買い物が争奪戦だった」など

 

こうすることで、後日自分で検索したときにヒットしやすくすることができます。

 

またノートブックも「日記」や「ダイアリー」などの名前をつけて保存しておくといいですね。

 

3.WEBクリッパーを使ってみよう。

 

お使いのブラウザでブログ記事や残して起きたい記事をEvernote(エバーノート)に保存しておくことができます。

 

公式では、Chrome、Safari、Internet Explorer 7以降、Firefox、Operaに対応しています。

 

パソコンのChromeであれば、 Chrome ウェブストアの拡張機能で「Evernote Web Clipper」で検索してインストール。

 

そのあとに、ブラウザの右上にEvernoteのWEBクリッパーのアイコンが表示されるので、そこを押せば記事を保存できます。

 

スマホのChromeの場合はトップ画面の右上のメニューを押して、「共有」から「Evernoteに追加」を押せば表示している画面の記事を保存できます。

 

サファリではメニューにいけば「Evernote(エバーノート)」が出てくるので、それで保存できます。

 

他のブラウザでも共有の画面にいけば、「Evernoteに追加」が出てくると思うので、試してみてください。

 

4.有料機能も便利使いこなしてきたら、使ってみよう。

 

有料版には「プラス」と「プレミアム」と「Evernote Business(エバーノートビジネス)」があり、それぞれ値段が違います。

 

プラス版は月額360円または年額3100円。プレミアム版は月額600円または年額5200円です。

 

「Evernote Business(エバーノートビジネス)」は1ユーザーごとに月額1100円です。

 

有料版の大きな違いとして、同期できるデバイスの数があります。

 

同期できる数はパソコン1台、モバイル端末1台の計2台から無制限になります。

 

そして月に保存できる容量が月10MBの上限がプラス版で1GBでプレミアム版は10GBです。

 

PDFや画像を多用する場合はプレミアム版が安心です。

 

さらに、無料でもお試しで使えますが、メールでEvernoteに転送して追加する機能があります。

 

こちらも、オススメの機能なので、有料版にした時は使ってみてくださいね。

 

他にもリマインダー機能やPINロックを設定してセキュリティを強固にしたり、PDFに注釈を入れられたりします。

 

今回は説明は割愛させていただきますが、試してみてください。

 

Business版については公式のEvernote(エバーノート)のページでご確認ください。

 

AndroidとiOSのダウンロードページは以下のボタンからどうぞ。
 
  • まとめ

 いかがだったでしょうか。

 

Evernote(エバーノート)を使えば、情報を記憶しなくても、記録しておくだけで、いつでも参照できるようになります。

 

また自分の使い方を見つければ時間短縮にもなり、日々の生活に潤いを与えてくれます。

 

ぜひ一度体験してみてくださいね。

 

それではまた次回お会いしましょうっ!

ー情報収集の仕方ーあらゆるメディアを自分で活用していく情報収集法のまとめ。

2017.07.26

人工知能ーAIのすすむ先はどこか。人工無能を交えながら考える。

2017.07.24

ColorNote(カラーノート)は最高に便利。メモとチェックリストを使いこなす。リマインダーもあるよ。(Android)

2017.07.23

ABOUTこの記事をかいた人

PocketSelection(ポケットセレクション)のそねっちです。 ブロガーとして日々奮闘中。 スマホ・IT・ガジェット・アプリ・ライフハックなど様々な記事を書いています。 Twitterで記事の更新を通知しています。